青い無人島の映画館

アカデミー賞を中心に映画を語っています。映画に興味のある方、アカデミー賞に興味のある方、ぜひ足を運んで頂けると幸いです。

第95回アカデミー賞 ノミネート予想第四弾(9/13)

第95回アカデミー賞ノミネート予想

今回も、
第95回アカデミー賞ノミネート予想第四弾!

短編以外の全部門を予想します!

トロント国際映画祭ヴェネツィア国際映画祭などの大きな映画祭が開催され、多くの作品のレビューが解禁に。予想もかなりまとまってきたと思います。

いよいよ賞レースシーズンも開幕が迫っているということで、早速新しい予想行ってみましょう!

作品賞

  1. Women Talking
  2. The Fabelmans
  3. Everything Everywhere All at Once
  4. Babylon
  5. Top Gun: Maverick
  6. The Whale
  7. TÁR
  8. Triangle of Sadness
  9. The Banshees of Inisherin
  10. Glass Onion: A Knives Out Mystery
  11. Empire of Light
  12. The Son
  13. Black Panther: Wakanda Forever
  14. She Said
  15. Avatar: The Way of Water
  16. The Greatest Beer Run Ever
  17. Amsterdam
  18. Till
  19. Decision to Leave
  20. Aftersun

 

監督賞

  1. サラ・ポーリー『Women Talking』
  2. スティーヴン・スピルバーグThe Fabelmans
  3. ダニエル・クワンダニエル・シャイナートEverything Everywhere All at Once
  4. デイミアン・チャゼル『Babylon』
  5. ダーレン・アロノフスキー『The Whale』
  6. リューベン・オストルンド『Triangle of Sadness』
  7. トッド・フィールド『TÁR
  8. マーティン・マクドナー『The Banshees of Inisherin』
  9. パク・チャヌク『Decision to Leave』
  10. サム・メンデスEmpire of Light』

 

主演女優賞

  1. マーゴット・ロビー『Babylon』
  2. ケイト・ブランシェットTÁR
  3. ミシェール・ヨー『Everything Everywhere All at Once』
  4. オリヴィア・コールマンEmpire of Light』
  5. ダニエル・デッドワイラー『Till』
  6. ヴィオラ・デイヴィス『The Woman King』
  7. ジェニファー・ローレンス『Causeway』
  8. ナオミ・アッキー『I Wanna Dance with Somebody』
  9. アナ・デ・アルマス『Blonde』
  10. エマ・トンプソン『Good Luck to You, Leo Grande』

 

主演男優賞

  1. ブレンダン・フレイザー『The Whale』
  2. オースティン・バトラー『Elvis』
  3. ヒュー・ジャックマン『The Son』
  4. コリン・ファレル『The Banshees of Inisherin』
  5. ケルヴィン・ハリソン・Jr『Chevalier』
  6. マイケル・ウォード『Empire of Light』
  7. ディエゴ・カルバ『Babylon』
  8. ビル・ナイ『Living』
  9. クリスチャン・ベール『Amsterdam
  10. ソン・ガンホ『Broker』

 

助演女優賞

  1. ミシェル・ウィリアムズ『The Fabelmans』
  2. ジェシー・バッグリー『Women Talking』
  3. ステファニー・スー『Everything Everywhere All at Once
  4. クレア・フォイ『Women Talking
  5. ホン・チャウ『The Whale』
  6. セイディー・シンク『The Whale』
  7. ローラ・ダーン『The Son』
  8. ジャネール・モネイGlass Onion: A Knives Out Mystery
  9. ケリー・コンドン『The Banshees of Inisherin』
  10. ヴェネッサ・カービー『The Son』

 

助演男優賞

  1. ジョナサン・キー・クァン『Everything Everywhere All at Once
  2. ブラッド・ピット『Babylon』
  3. ブレンダン・グリーソン『The Banshees of Inisherin』
  4. ベン・ウィショー『Women Talking』
  5. ジャド・ハーシュ『The Fabelmans』
  6. ポール・ダノ『The Fabelmans』
  7. ラッセル・クロウ『The Greatest Beer Run Ever』
  8. トビー・ジョーンズEmpire of Light』
  9. ズラッコ・ブリッチ『Triangle of Sadness』
  10. ゼン・マクグラス『The Son』

 

脚本賞

  1. Everything Everywhere All at Once
  2. The Fabelmans
  3. TÁR
  4. Babylon
  5. Triangle of Sadness
  6. Empire of Light
  7. Amsterdam
  8. Bros
  9. Decision to Leave
  10. Aftersun

 

脚色賞

  1. Women Talking
  2. The Banshees of Inisherin
  3. Glass Onion: A Knives Out Mystery
  4. The Whale
  5. White Noise
  6. The Son
  7. She Said
  8. The Greatest Beer Run Ever
  9. Till
  10. The Good Nurse

 

撮影賞

  1. Empire of Light
  2. The Fabelmans
  3. Top Gun: Maverick
  4. Babylon
  5. Avatar: The Way of Water
  6. The Woman King
  7. The Batman
  8. All Quiet on the Western Front
  9. Bardo, False Chronicle of a Handful of Truths
  10. Women Talking

 

編集賞

  1. Everything Everywhere All at Once
  2. Top Gun: Maverick
  3. Babylon
  4. The Fabelmans
  5. Women Talking
  6. The Son
  7. The Whale
  8. Decision to Leave
  9. Avatar: The Way of Water
  10. TÁR

 

美術賞

  1. Babylon
  2. The Fabelmans
  3. Avatar: The Way of Water
  4. Black Panther: Wakanda Forever
  5. Elvis
  6. Everything Everywhere All at Once
  7. Empire of Light
  8. The Woman King
  9. Amsterdam
  10. Chevalier

 

衣装デザイン賞

  1. Babylon
  2. The Woman King
  3. Elvis
  4. The Fabelmans
  5. Black Panther: Wakanda Forever
  6. Chevalier
  7. Amsterdam
  8. Women Talking
  9. Matilda
  10. Mrs. Harris Goes to Paris

 

メイクアップ&ヘアスタイリング賞

  1. The Whale
  2. The Batman
  3. The Woman King
  4. Babylon
  5. Elvis
  6. Black Panther: Wakanda Forever
  7. Golda
  8. Avatar: The Way of Water
  9. The Fabelmans
  10. X

 

音響賞

  1. Top Gun: Maverick
  2. The Batman
  3. Avatar: The Way of Water
  4. Babylon
  5. The Woman King
  6. All Quiet on the Western Front
  7. Everything Everywhere All at Once
  8. Elvis
  9. Black Panther: Wakanda Forever
  10. Nope

 

視覚効果賞

  1. Avatar: The Way of Water
  2. The Batman
  3. Everything Everywhere All at Once
  4. Top Gun: Maverick
  5. Black Panther: Wakanda Forever
  6. Doctor Strange in the Multiverse of Madness
  7. Guillermo del Toro's Pinocchio
  8. Thor: Love and  Thunder
  9. Nope
  10. Three Thousand Years of Longing

 

作曲賞

  1. Women Talking
  2. Empire of Light
  3. The Fabelmans
  4. Babylon
  5. Avatar: The Way of Water
  6. The Batman
  7. Top Gun: Maverick
  8. TÁR
  9. Black Panther: Wakanda Forever
  10. Chevalier

 

長編アニメーション賞

  1. Turning Red
  2. Guillermo del Toro's Pinocchio
  3. Strange World
  4. My Father's Dragon
  5. Wendell & Wild
  6. Lightyear
  7. The Bad Guys
  8. Apollo 10 1/2: A Space Age Childhood
  9. すずめの戸締り
  10. Marcel the Shell with Shoes On

 

国際長編映画

  1. All Quiet on the Western Front
  2. Decision to Leave
  3. Close
  4. Athena
  5. RRR
  6. Holy Spider
  7. Leila's Brothers
  8. The Eight Mountains
  9. R.M.N
  10. PLAN 75

 

長編ドキュメンタリー賞

  1. All the Beauty and the Bloodshed
  2. Sydney
  3. Descendant
  4. Fire of Love
  5. Navalny
  6. Moonage Daydream
  7. Aftershock
  8. Lucy & Desi
  9. Last Flight Home
  10. All that Breathes

 

歌曲賞

  1. "Hold My Hand"『Top Gun: Maverick
  2. "This is a Life"『Everything Everywhere All at Once』
  3. "Nobody Like U"『Turning Red』
  4. "Carolina"『Where the Crawdads Sing』
  5. "A Body, A Coffin"『Black Panther: Wakanda Forever』
  6. "Naatu Naatu"『RRR』
  7. "Good Tonight"『The Bad Guys』
  8. "New Body Rhuma"『White Noise』
  9. "On My Way"『Marry Me』
  10. "Applause"『Tell It Like a Woman』

第95回アカデミー賞 ノミネート予想第三弾(8/6)

第95回アカデミー賞ノミネート予想

今回は、
第95回アカデミー賞ノミネート予想第三弾!

今回は短編以外の全部門を予想します!

ちなみに『Killers of the Flower Moon』『Rustin』『Next Goal WIns』『Disappointment Blvd.』などは2023年公開の可能性が高いため、今回は予想から外しました。

また国際長編映画賞はどこの国が何を出すのかまだ不明なのもありますし、脚本・脚色、助演・主演の別はまだわからない部分も多いので、あくまで予想ということで、ご了承ください。

それでは今回も、予想、行ってみよう!

作品賞

  1. Babylon
  2. Everything Everywhere All at Once
  3. The Fabelmans
  4. Bardo, False Chronicle of a Handful of Truths
  5. The Son
  6. Women Talking
  7. The Whale
  8. Empire of Light
  9. Top Gun: Maverick
  10. TÁR
  11. Triangle of Sadness
  12. Amsterdam
  13. Till
  14. Avatar: The Way of Water
  15. She Said
  16. White Noise
  17. The Banshees of Inisherin
  18. The Greatest Beer Run Ever
  19. Don’t Worry Darling
  20. The Woman King

 

監督賞

  1. デイミアン・チャゼル『Babylon』
  2. スティーヴン・スピルバーグThe Fabelmans
  3. ダニエル・クワンダニエル・シャイナートEverything Everywhere All at Once
  4. サラ・ポーリー『Women Talking』
  5. アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『Bardo, False Chronicle of a Handful of Truths』
  6. ダーレン・アロノフスキー『The Whale』
  7. サム・メンデスEmpire of Light』
  8. フローリアン・ゼレール『The Son』
  9. リューベン・オストルンド『Triangle of Sadness』
  10. トッド・フィールド『TÁR』

 

主演女優賞

  1. マーゴット・ロビー『Babylon』
  2. ミシェール・ヨー『Everything Everywhere All at Once』
  3. オリヴィア・コールマンEmpire of Light』
  4. ケイト・ブランシェットTÁR
  5. ダニエル・デッドワイラー『Till』
  6. キャリー・マリガン『She Said』
  7. ヴィオラ・デイヴィス『The Woman King』
  8. フローレンス・ピュー『Don't Worry Darling』
  9. レジーナ・キング『Shirley』
  10. ジェニファー・ローレンス『Causeway』

 

主演男優賞

  1. ブレンダン・フレイザー『The Whale』
  2. ヒュー・ジャックマン『The Son』
  3. オースティン・バトラー『Elvis』
  4. ダニエル・ヒメネス・カチョ『Bardo, False Chronicle of a Handful of Truths』
  5. クリスチャン・ベール『Amsterdam
  6. エディ・レッドメイン『The Good Nurse』
  7. コリン・ファレル『The Banshees of Inisherin』
  8. アダム・ドライバー『White Noise』
  9. コリン・ファースEmpire of Light』
  10. ディエゴ・カルバ『Babylon』

 

助演女優賞

  1. ミシェル・ウィリアムズ『The Fabelmans』
  2. ジェシー・バッグリー『Women Talking』
  3. ステファニー・スー『Everything Everywhere All at Once
  4. セイディー・シンク『The Whale』
  5. ホン・チャウ『The Whale』
  6. ヴェネッサ・カービー『The Son』
  7. ウーピー・ゴールドバーグ『Till』
  8. ローラ・ダーン『The Son』
  9. ジュディ・デンチ『Allelujah
  10. ドリー・デ・レオン『Triangle of Sadness』

 

助演男優賞

  1. ジョナサン・キー『Everything Everywhere All at Once
  2. ブラッド・ピット『Babylon』
  3. ポール・ダノ『The Fabelmans』
  4. セス・ローゲン『The Fabelmans』
  5. ブレンダン・グリーソン『The Banshees of Inisherin』
  6. ベン・ウィショー『Women Talking』
  7. ズラッコ・ブリッチ『Triangle of Sadness』
  8. ラッセル・クロウ『The Greatest Beer Run Ever』
  9. ドン・チードル『White Noise』
  10. ジョン・デヴィッド・ワシントン『Amsterdam』

 

脚本賞

  1. Everything Everywhere All at Once
  2. Babylon
  3. The Fabelmans
  4. Empire of Light
  5. Triangle of Sadness
  6. Bardo, False Chronicle of a Handful of Truths
  7. Amsterdam
  8. Don’t Worry Darling
  9. The Banshees of Inisherin
  10. TÁR

 

脚色賞

  1. The Son
  2. Women Talking
  3. She Said
  4. The Whale
  5. White Noise
  6. Glass Onion: A Knives Out Mystery
  7. The Greatest Beer Run Ever
  8. Avatar: The Way of Water
  9. Till
  10. The Good Nurse

 

撮影賞

  1. Empire of Light
  2. Babylon
  3. The Fabelmans
  4. Bardo, False Chronicle of a Handful of Truths
  5. Top Gun: Maverick
  6. Avatar: The Way of Water
  7. The Woman King
  8. The Batman
  9. All Quiet on the Western Front
  10. Thirteen Lives

 

編集賞

  1. Everything Everywhere All at Once
  2. Babylon
  3. Top Gun: Maverick
  4. The Fabelmans
  5. The Son
  6. Women Talking
  7. Empire of Light
  8. The Whale
  9. Bardo, False Chronicle of a Handful of Truths
  10. Decision to Leave

 

美術賞

  1. Babylon
  2. The Fabelmans
  3. Avatar: The Way of Water
  4. Everything Everywhere All at Once
  5. Empire of Light
  6. The Woman King
  7. Elvis
  8. Amsterdam
  9. Bardo, False Chronicle of a Handful of Truths
  10. Matilda

 

衣装デザイン賞

  1. Babylon
  2. The Woman King
  3. Amsterdam
  4. Elvis
  5. The Fabelmans
  6. Black Panther: Wakanda Forever
  7. Don’t Worry Darling
  8. Women Talking
  9. Matilda
  10. Pinocchio

 

メイクアップ&ヘアスタイリング賞

  1. The Woman King
  2. The Whale
  3. Babylon
  4. The Batman
  5. Elvis
  6. Avatar: The Way of Water
  7. Black Panther: Wakanda Forever
  8. Golda
  9. The Fabelmans
  10. Blonde

 

音響賞

  1. Top Gun: Maverick
  2. The Batman
  3. Avatar: The Way of Water
  4. Everything Everywhere All at Once
  5. Babylon
  6. The Woman King
  7. All Quiet on the Western Front
  8. Elvis
  9. Black Panther: Wakanda Forever
  10. The Fabelmans

 

視覚効果賞

  1. Avatar: The Way of Water
  2. The Batman
  3. Black Panther: Wakanda Forever
  4. Everything Everywhere All at Once
  5. Top Gun: Maverick
  6. Doctor Strange in the Multiverse of Madness
  7. Pinocchio
  8. Thor: Love and  Thunder
  9. Nope
  10. Guillermo del Toro's Pinocchio

 

作曲賞

  1. Empire of Light
  2. The Fabelmans
  3. Babylon
  4. Women Talking
  5. Avatar: The Way of Water
  6. The Batman
  7. Top Gun: Maverick
  8. Black Panther: Wakanda Forever
  9. Everything Everywhere All at Once
  10. Guillermo del Toro's Pinocchio

 

長編アニメーション賞

  1. Turning Red
  2. Strange World
  3. Guillermo del Toro's Pinocchio
  4. My Father's Dragon
  5. Lightyear
  6. Wendell & Wild
  7. The Bad Guys
  8. Apollo 10 1/2: A Space Age Childhood
  9. Minions: The Rise of Gru
  10. すずめの戸締り

 

国際長編映画

  1. Bardo, False Chronicle of a Handful of Truths
  2. Close
  3. Broker ※
  4. RRR
  5. Holy Spider
  6. Leila's Brothers
  7. Decision to Leave ※
  8. The Eight Mountains
  9. R.M.N 
  10. EO

韓国はBrokerとDecision to Leaveどちらを出品するかによります。

 

長編ドキュメンタリー賞

  1. Fire of Love
  2. Descendant
  3. Navalny
  4. Sydney
  5. Moonage Daydream
  6. Aftershock
  7. Lucy & Desi
  8. Last Flight Home
  9. All that Breathes
  10. Confessions of a Good Samaritan

 

歌曲賞

  1. "Hold My Hand"『Top Gun: Maverick
  2. "This is a Life"『Everything Everywhere All at Once』
  3. "Nobody Like U"『Turning Red』
  4. "Carolina"『Where the Crawdads Sing』
  5. "A Body, A Coffin"『Black Panther: Wakanda Forever』

第95回アカデミー賞 ノミネート予想第二弾(7/17)

第95回アカデミー賞ノミネート予想

今回は、
第95回アカデミー賞ノミネート予想第二弾!

今回は短編と歌曲賞以外の全部門を予想します!

ちなみに『Next Goal WIns』『Disappointment Blvd.』などは2023年公開との噂が出ているため、今回は予想から外しました。

また国際長編映画賞はどこの国が何を出すのかまだ不明なのもありますし、脚本・脚色、助演・主演の別はまだわからない部分も多いので、あくまで予想ということで、ご了承ください。

作品賞

  1. Babylon
  2. Killers of the Flower Moon
  3. Everything Everywhere All at Once
  4. The Fabelmans
  5. Empire of Light
  6. Bardo
  7. The Son
  8. Women Talking
  9. Rustin
  10. The Whale
  11. Thirteen Lives
  12. Amsterdam
  13. She Said
  14. Top Gun: Maverick
  15. Till
  16. White Noise
  17. Don’t Worry Darling
  18. The Greatest Beer Run Ever
  19. Triangle of Sadness
  20. Avatar: The Way of Water
  21. Aftersun
  22. Decision to Leave
  23. Close
  24. Broker
  25. Asteroid City
  26. The Killer
  27. Past Lives
  28. Tár
  29. The Woman King
  30. Elvis

 

監督賞

  1. デイミアン・チャゼル『Babylon』
  2. マーティン・スコセッシKillers of the Flower Moon
  3. スティーヴン・スピルバーグThe Fabelmans
  4. ダニエル・クワンダニエル・シャイナートEverything Everywhere All at Once
  5. サラ・ポーリー『Women Talking』
  6. アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『Bardo』
  7. サム・メンデスEmpire of Light』
  8. ジョージ・C・ウルフ『Rustin』
  9. フローリアン・ゼレール『The Son』
  10. リューベン・オストルンド『Triangle of Sadness』

 

主演女優賞

  1. マーゴット・ロビー『Babylon』
  2. ミシェール・ヨー『Everything Everywhere All at Once』
  3. オリヴィア・コールマンEmpire of Light』
  4. キャリー・マリガン『She Said』
  5. ケイト・ブランシェット『Tár』
  6. ダニエル・デッドワイラー『Till』
  7. ナオミ・アッキー『I Wanna Dance with Somebody』
  8. エミリー・ワトソン『God's Creatures』
  9. フローレンス・ピュー『Don't Worry Darling』
  10. ヴィオラ・デイヴィス『The Woman King』

 

主演男優賞

  1. ブレンダン・フレイザー『The Whale』
  2. コールマン・ドミンゴ『Rustin』
  3. レオナルド・ディカプリオ『Killers of the Flower Moon』
  4. ヒュー・ジャックマン『The Son』
  5. オースティン・バトラー『Elvis』
  6. クリスチャン・ベール『Amsterdam
  7. ダニエル・ヒメネス・カチョ『Bardo』
  8. ヴィゴ・モーテンセンThirteen Lives』
  9. ディエゴ・カルバ『Babylon』
  10. エディ・レッドメイン『The Good Nurse』

 

助演女優賞

  1. リリー・グラッドストーン『Killers of the Flower Moon』
  2. ミシェル・ウィリアムズ『The Fabelmans』
  3. ホン・チャウ『The Whale』
  4. ヴェネッサ・カービー『The Son』
  5. ウーピー・ゴールドバーグ『Till』
  6. オードラ・マクドナルド『Rustin
  7. ジェシー・バッグリー『Women Talking』
  8. ステファニー・スー『Everything Everywhere All at Once
  9. ローラ・ダーン『The Son』
  10. ジュディ・デンチ『Allelujah

 

助演男優賞

  1. ジョナサン・キー『Everything Everywhere All at Once
  2. ロバート・デ・ニーロ『Killers of the Flower Moon』
  3. ブラッド・ピット『Babylon』
  4. ジェシー・プレモンス『Killers of the Flower Moon』
  5. ポール・ダノ『The Fabelmans』
  6. グリン・ターマン『Rustin』
  7. コリン・ファレル『Thirteen Lives
  8. セス・ローゲン『The Fabelmans』
  9. コリン・ファースEmpire of Light
  10. ラッセル・クロウ『The Greatest Beer Run Ever』

 

脚本賞

  1. Everything Everywhere All at Once
  2. Babylon
  3. The Fabelmans
  4. Empire of Light
  5. Bardo
  6. Triangle of Sadness
  7. Rustin
  8. Amsterdam
  9. Thirteen Lives
  10. Don’t Worry Darling

 

脚色賞

  1. The Son
  2. Women Talking
  3. Killers of the Flower Moon
  4. She Said
  5. The Whale
  6. White Noise
  7. The Greatest Beer Run Ever
  8. Avatar: The Way of Water
  9. Till
  10. The Good Nurse

 

 

撮影賞

  1. Empire of Light
  2. Babylon
  3. Killers of the Flower Moon
  4. The Fabelmans
  5. Bardo
  6. Top Gun: Maverick
  7. Avatar: The Way of Water
  8. Thirteen Lives
  9. The Batman
  10. The Woman King

 

編集賞

  1. Everything Everywhere All at Once
  2. Babylon
  3. Top Gun: Maverick
  4. Killers of the Flower Moon
  5. The Fabelmans
  6. Empire of Light
  7. Amsterdam
  8. Thirteen Lives
  9. The Son
  10. All Quiet on the Western Front

 

美術賞

  1. Babylon
  2. Killers of the Flower Moon
  3. The Fabelmans
  4. Avatar: The Way of Water
  5. Everything Everywhere All at Once
  6. Empire of Light
  7. Thirteen Lives
  8. The Woman King
  9. Elvis
  10. Amsterdam

 

衣装デザイン賞

  1. Killers of the Flower Moon
  2. Babylon
  3. The Woman King
  4. Amsterdam
  5. Elvis
  6. The Fabelmans
  7. Black Panther: Wakanda Forever
  8. Rustin
  9. Don’t Worry Darling
  10. Pinocchio

 

メイクアップ&ヘアスタイリング賞

  1. The Woman King
  2. The Whale
  3. The Batman
  4. Elvis
  5. Babylon
  6. Golda
  7. Avatar: The Way of Water
  8. Black Panther: Wakanda Forever
  9. X
  10. The Fabelmans

 

音響賞

  1. Top Gun: Maverick
  2. The Batman
  3. Avatar: The Way of Water
  4. Everything Everywhere All at Once
  5. Babylon
  6. The Woman King
  7. All Quiet on the Western Front
  8. Elvis
  9. Killers of the Flower Moon
  10. Thirteen Lives

 

視覚効果賞

  1. Avatar: The Way of Water
  2. The Batman
  3. Black Panther: Wakanda Forever
  4. Everything Everywhere All at Once
  5. Top Gun: Maverick
  6. Doctor Strange in the Multiverse of Madness
  7. Pinocchio
  8. Thor: Love and  Thunder
  9. Thirteen Lives
  10. Spaceman

 

作曲賞

  1. Empire of Light
  2. The Fabelmans
  3. Babylon
  4. Women Talking
  5. Killers of the Flower Moon
  6. The Batman
  7. Avatar: The Way of Water
  8. Top Gun: Maverick
  9. Black Panther: Wakanda Forever
  10. Everything Everywhere All at Once

 

長編アニメーション賞

  1. Turning Red
  2. Strange World
  3. Pinocchio
  4. Lightyear
  5. My Father's Dragon
  6. Wendell & Wild
  7. The Bad Guys
  8. Apollo 10 1/2: A Space Age Childhood
  9. The Bob's Burgers Movie
  10. Minions: The Rise of Gru

 

国際長編映画

  1. Bardo
  2. Close
  3. Broker
  4. RRR
  5. Holy Spider
  6. Leila's Brothers
  7. Decision to Leave(韓国はBrokerとDecision to Leaveどちらを出品?)
  8. Athena
  9. The Eight Mountains
  10. R.M.N 

 

長編ドキュメンタリー賞

  1. Fire of Love
  2. Descendant
  3. Navalny
  4. Lucy & Desi
  5. Moonage Daydream
  6. Aftershock
  7. Last Flight Home

第95回アカデミー賞 ノミネート予想第一弾(6/5)

第95回アカデミー賞ノミネート予想

カンヌ国際映画祭が終わり早速ですが、
第95回アカデミー賞ノミネート予想第一弾!

今回は第一回ということで、作品賞と演技賞のみです。

それでは、予想していきますよ!どうぞ!

作品賞ノミネート予想

  1. Babylon
  2. Killers of the Flower Moon
  3. The Fabelmans
  4. Everything Everywhere All at Once
  5. Empire of Light
  6. Bardo
  7. The Son
  8. Women Talking
  9. Rustin
  10. Thirteen Lives
  11. Amsterdam
  12. The Whale
  13. She Said
  14. White Noise
  15. Next Goal Wins
  16. Armageddon Time
  17. Poor Things
  18. Don’t Worry Darling
  19. The Killer
  20. Decision to Leave
  21. Asteroid City
  22. Broker
  23. The Greatest Beer Run Ever
  24. The Good Nurse
  25. Avatar: The Way of Water
  26. The Banshees of Inisherin
  27. I Wanna Dance with Somebody
  28. Till
  29. Top Gun: Maverick
  30. Triangle of Sadness

 

主演女優賞ノミネート予想

  1. マーゴット・ロビー『Babylon』
  2. ミシェール・ヨー『Everything Everywhere All at Once』
  3. オリヴィア・コールマンEmpire of Light』
  4. ナオミ・アッキー『I Wanna Dance with Somebody』
  5. キャリー・マリガン『She Said』
  6. ダニエル・デッドワイラー『Till』
  7. ローラ・ダーン『The Son』
  8. フローレンス・ピュー『Don't Worry Darling』
  9. ヴィオラ・デイヴィス『The Woman King』
  10. リゼルダ・シシリアニ『Bardo』

 

主演男優賞ノミネート予想

  1. ブレンダン・フレイザー『The Whale』
  2. コールマン・ドミンゴ『Rustin』
  3. レオナルド・ディカプリオ『Killers of the Flower Moon』
  4. ヒュー・ジャックマン『The Son』
  5. マイケル・ファスベンダー『Next Goal Wins』
  6. クリスチャン・ベール『Amsterdam
  7. ダニエル・ヒメネス・カチョ『Bardo』
  8. ヴィゴ・モーテンセンThirteen Lives』
  9. オースティン・バトラー『Elvis』
  10. ディエゴ・カルバ『Babylon』

 

助演女優賞ノミネート予想

  1. リリー・グラッドストーン『Killers of the Flower Moon』
  2. ミシェル・ウィリアムズ『The Fabelmans』
  3. ホン・チャウ『The Whale』
  4. ウーピー・ゴールドバーグ『Till』
  5. ヴェネッサ・カービー『The Son』
  6. オードラ・マクドナルド『Rustin
  7. ジェシー・バッグリー『Women Talking』
  8. ステファニー・スー『Everything Everywhere All at Once
  9. アン・ハサウェイ『Armageddon Time』
  10. ジュディ・デンチ『Allelujah

 

助演男優賞ノミネート予想 

  1. ジョナサン・キー『Everything Everywhere All at Once
  2. ロバート・デ・ニーロ『Killers of the Flower Moon』
  3. ブラッド・ピット『Babylon』
  4. ポール・ダノ『The Fabelmans』
  5. グリン・ターマン『Rustin』
  6. ジェシー・プレモンス『Killers of the Flower Moon』
  7. コリン・ファレル『Thirteen Lives
  8. セス・ローゲン『The Fabelmans』
  9. コリン・ファースEmpire of Light
  10. ラッセル・クロウ『The Greatest Beer Run Ever』

第95回アカデミー賞 期待作Part3!

早すぎる次のアカデミー賞での有力作品紹介 Part3

皆さんこんにちは!

今回も前回・前々回に続き、第95回アカデミー賞で活躍しそうな映画を紹介します。

カンヌ国際映画祭の結果も出ており、ますます次への賞レースへのエンジンがかかり始めていますね。

さて一体どんな作品がオスカー予想屋から注目されているのでしょうか。

Rustin

監督:ジョージ・C・ウルフ(代表作『マ・レイニーのブラックボトム』)

出演:コールマン・ドミンゴオードラ・マクドナルド、エイドリアン・ウォーレン、クリス・ロック

公民権活動家でワシントン大行進の主導者であるバイヤード・ラスティンについて描いた作品で、監督はジョージ・C・ウルフです。脚本は『ミルク』のダスティン・ランス・ブラック、製作はオバマ元大統領の製作会社ハイヤー・グラウンド・プロダクションズです。

コールマン・ドミンゴ主演であり主演男優賞最有力とも言われています。オードラ・マクドナルド、エイドリアン・ウォーレン、クリス・ロックも出演予定です。

Shazam! Fury of the Gods

監督:デヴィッド・F・サンドバーグ(代表作『シャザム!』『ライト/オフ』)

主演:ザッカリー・リーヴァイ

あのDCコミック原作で大ヒットした傑作『シャザム!』の続編となります。監督は前作に引き続きホラーが得意でもあるデヴィッド・F・サンドバーグです。

前作は弾けたコメディ映画である一方で、どこかホラーテイストもするとても面白い作風でしたが、今回もそうなるのでしょうか。一作目よりもよりスペクタクルになるとの噂もあり、非常に楽しみです。

She Said

監督:マリア・シュラーダー(代表作『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』)

出演:キャリー・マリガン、ゾーイ・カザン、パトリシア・クラークソン

この作品は、あの映画界、世界全体を震わせたハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ事件を元にしており、それを世に知らしめた二人のジャーナリストを描いた物語となっています。

2022年とても重要な作品になると思われますし、キャリー・マリガンやゾーイ・カザン、パトリシア・クラークソンなどの演技派の演技も非常に楽しみな一本です。

Shirley

監督:ジョン・リドリー

出演:レジーナ・キング

アフリカ系アメリカ人女性初の米連邦議会下院議員となったシャーリー・チザムについての作品だそうです。

監督はジョン・リドリーで、主演はオスカー女優のレジーナ・キングが務めます。まだ詳細もわかっていないようですが、大変楽しみな一本です。

Showing Up

監督:ケリー・ライカート(代表作『オールド・ジョイ』『ウェンディ&ルーシー』『ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択』『First Cow』)

出演:ミシェル・ウィリアムズ、ホン・チャウ

彫刻家の主人公が、作品を生み出すアーティストの自分と、私生活の自分とのバランス、そのバランスを考え始める...といった作品だそうです。

今注目されているケリー・ライカートの最新作で、『First Cow』の日本公開もまだかなまだかな...と待っています。『Showing Up』はミシェル・ウィリアムズ主演ということで、非常に楽しみです。

The Son

監督:フローリアン・ゼレール(代表作『ファーザー』)

出演:ヒュー・ジャックマンローラ・ダーン、ヴェネッサ・カービー、アンソニー・ホプキンス

主人公は現在新しい妻と生活中。そんな中、主人公の元奥さんと、息子がやってきて...という内容の一本で、『ファーザー』に続きフローリアン・ゼレール自身が作り上げた舞台が原作です(続編ではないです)。

主演はヒュー・ジャックマンで、彼の主演男優賞候補も期待されています。ローラ・ダーン、ヴェネッサ・カービーなど、新旧の名優が共演しています。

Stars at Noon

監督:クレール・ドゥニ(代表作『ハイ・ライフ』『35杯のラムショット』『美しき仕事』『パリ、18区、夜。』『ショコラ』)

出演:マーガレット・クアリー、ジョー・アルウィン

80年代のニカラグアを舞台に、あるイギリス人とアメリカ人の恋愛と国からの脱出を描いた作品になっているようで、カンヌでは次点のグランプリに輝きました。

監督はクレール・ドゥニ、出演はマーガレット・クアリー、ジョー・アルウィンで、注目の俳優さんが多数出演しています。

Strange World『ストレンジ・ワールド』

監督:ドン・ホール(代表作『ベイマックス』『ラーヤと龍の王国』)

声優:アラン・テュディック

ディズニー長編アニメーションの61作目の作品で、アクションアドベンジャー映画になるようです。

監督は『ベイマックス』などディズニーアニメーションで大活躍しているドン・ホール監督です。ディズニーファンとしてはマーカー引いてチェックしておきたい一本です。

Tár

監督:トッド・フィールド(代表作『イン・ザ・ベッドルーム』『リトル・チルドレン』)

出演:ケイト・ブランシェット

イン・ザ・ベッドルーム』『リトル・チルドレン』などで絶賛されたトッド・フィールド監督の最新作です。主演は言わずもがなの名優ケイト・ブランシェットです。

トッド・フィールドの前の作品はどちらも演技賞中心に賞レースでも大活躍。ケイト・ブランシェットの主演女優賞候補の可能性も密かに囁かれています。

Thirteen Lives

監督:ロン・ハワード(代表作『バックドラフト』『アポロ13』『ビューティフル・マインド』『シンデレラマン』『フロスト×ニクソン』『ラッシュ プライドと友情』)

出演:ヴィゴ・モーテンセンコリン・ファレルジョエル・エドガートン

『THE RESCUE 奇跡を起こした者たち』というドキュメンタリーでも描かれたタムルアン洞窟の遭難事故をもとにした映画です。

洞窟に閉じ込められたサッカーチームを助ける裏側には何があったのか、それをヴィゴ・モーテンセンら演技派によって紡いでいく作品になっています。公開が早いのが気になりますが、テスト試写ではかなり好評との噂も...。

Thor: Love and Thunder『ソー:ラブ&サンダー』

監督:タイカ・ワイティティ(代表作『ジョジョ・ラビット』『マイティ・ソー バトルロイヤル』)

出演:クリス・ヘムズワーステッサ・トンプソンナタリー・ポートマンクリスチャン・ベール

ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』に続くMCU映画の最新作です。サノスとの戦いの後のソーが描かれており、ゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーとの戦いが繰り広げられるようです。

ソーはもちろんクリス・ヘムズワース、後継となるであろうジェーン・フォスターもナタリー・ポートマンが続投。悪役にクリスチャン・ベールが出演します。

Three Thousand Years of Longing

監督:ジョージ・ミラー(代表作『マッドマックス』シリーズ)

出演:ティルダ・スウィントンイドリス・エルバ

ある学者の前に姿を現した魔神。魔神は「3つの願いを叶えてやろう」と学者に伝えるものの、この学者は...といった一風変わった作品だそうです。

魔神役にはイドリス・エルバ、そしてティルダ・スウィントンも出演しています。監督は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でオスカーを大いに盛り上げたジョージ・ミラーが担当します。

Till

監督:シノニエ・チュクウ(代表作『Clemency』)

出演:ダニエル・デッドワイラー、ウーピー・ゴールドバーグ

息子をころされたメイミー・ティルの長きに渡るたたかいを描いた作品です。監督は日本ではまだ未公開の『Clemency』のシノニエ・チュクウです。

主演には『ザ・ハーダー・ゼイ・フォール:報復の荒野』で注目を浴びたダニエル・デッドワイラー、またオスカー俳優のウーピー・ゴールドバーグも出演しているようです。

Top Gun: Maverickトップガン マーヴェリック』

監督:ジョセフ・コシンスキー(代表作『オブリビオン』『オンリー・ザ・ブレイブ』)

出演:トム・クルーズマイルズ・テラージェニファー・コネリー

あの『トップガン』が、トム・クルーズが、帰ってくる!!!今年一番の期待作にして大作。すでに批評家からも熱狂的に迎えられ、日本でも公開中です。

トム・クルーズはもちろんのこと、マイルズ・テラージェニファー・コネリーらスターが多数出演。実際に飛行機を飛ばしたアクションも大きな大きな見所です。

Tori and Lokita

監督:リュック・ダルデンヌ、ジャン=ピエール・ダルデンヌ(代表作『ロゼッタ』『ある子供』『ロルナの祈り』『少年と自転車』『サンドラの週末』)

出演:Pablo Schils、Mbundu Joely

巨匠ダルデンヌ兄弟の最新作です。舞台はベルギーで、アフリカ系移民の若者たちが数々の壁を乗り越えていこうとするという作品だそうです。

カンヌでは特別賞に選ばれた本作。ダルデンヌ兄弟の優れた演出と語りが大好きな人は、絶対目が離せない一作だと思います。

Triangle of Sadness

監督:リューベン・オストルンド(代表作『フレンチアルプスで起きたこと』『ザ・スクエア 思いやりの聖域』)

出演:チャールビ・ディーン・クリーク、ウディ・ハレルソン、ハリス・ディキンソン

クルージングに乗っているセレブたちと、そのお世話をする乗組員が、船の事故をきっかけにそのパワーバランスが逆転する...といったなんとも面白そうな題材。料理人がヒエラルキーのトップに君臨したり...みたいなことが起きるそうです。

『フレンチアルプスで起きたこと』『ザ・スクエア 思いやりの聖域』のリューベン・オストルンド監督がメガホンを取ります。パルム・ドールを受賞した本作ですが、一体どんな作品なのか、とても楽しみにしている作品です。

Turning Red『私ときどきレッサーパンダ

監督:ドミー・シー

声優:ロザリー・チアン、サンドラ・オー

レッサーパンダに変身してしまう少女の自分さがしストーリーで、傑作を生み出し続けるピクサーの最新作です。

監督は短編『Bao』を監督したドミー・シーです。非常に普遍的でありながら斬新な大傑作であり、未見の方はぜひ。長編アニメーション賞などで大活躍しそうです。

The Whale

監督:ダーレン・アロノフスキー(代表作『ブラック・スワン』『レスラー』『レクイエム・フォー・ドリーム』『π』)

出演:ブレンダン・フレイザー、ホン・チャウ、セイディー・シンク

この作品の原作は舞台で、ヘビーな男性が娘との関係を修復しようと奮闘する物語だそうで、監督は『ブラック・スワン』『レクイエム・フォー・ドリーム』で観客を震わせたダーレン・アロノフスキーです。

主演はブレンダン・フレイザー。一時期大スターとしてハリウッドで活躍した彼が、ついにハリウッドにカムバック。彼のキャリアとも重なる部分もあるのかもしれませんし、主演男優賞の最有力だとも言われています。

White Noise

監督:ノア・バームバック(代表作『マリッジ・ストーリー』『フランシス・ハ』『イカとクジラ』)

出演:アダム・ドライバーグレタ・ガーウィグ

アメリカの大学教授が、犯罪に手を染めていく...。同名の小説を元にしており、ノア・バームバックが映像化します。

アダム・ドライバーと再タッグだけではなく、監督のパートナーであり、『フランシス・ハ』の主演であり、『レディ・バード』などで監督としても圧倒的才能を証明したグレタ・ガーウィグも出演しています。

The Woman King

監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド(代表作『オールド・ガード』『ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム』)

出演:ヴィオラ・デイヴィス

『オールド・ガード』のジーナ・プリンス=バイスウッドが監督を務める歴史映画で、ファーストルックからもその迫力が伝わる作品になりそうです。

主演はヴィオラ・デイヴィス。彼女の主演女優賞も可能性があると言われています。個人的にもどんな作品なのか想像がつかず、非常に楽しみな一本です。

Women Talking

監督:サラ・ポーリー(代表作『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』)

出演:ジェシー・バックリー、フランシス・マクドーマンドルーニー・マーラクレア・フォイベン・ウィショー

同名のベストセラーを原作としており、女性が町の男たちに暴行されてしまうという事件をきっかけに、女性たちが自らと家族を守るために立ち上がる、という物語だそうです。

監督は大傑作『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』の監督、サラ・ポーリー。出演陣も豪華で、今年を代表する重要な一本となりそうです。作曲家は『ジョーカー』でオスカーを受賞した、ヒドゥル・グドナドッティルが担当します。

The Wonder

監督:セバスティアン・レリオ・ワット(代表作『グロリアの青春』『ナチュラルウーマン』)

出演:フローレンス・ピュー、ニアフ・アルガー、キアラン・ハインズ

この作品は『ナチュラルウーマン』など、世界で活躍する監督、セバスティアン・レリオ・ワットの新作で、二人の主人公がお互いに人生をスイッチする...という作品だという噂です。

出演はフローレンス・ピュー、ニアフ・アルガー、キアラン・ハインズと非常に豪華です。まだ詳細が不明ですが、是非ともチェックしたい一本です。

X『X エックス』

監督:タイ・ウェスト

出演:ミア・ゴス、ジェナ・オルテガ、マーティン・ヘンダーソンブリタニー・スノウ

A24が送るホラー映画です。ポルノ映画の撮影に、農場へやってきた若い一行。ある夜、農場の主の老夫婦の狂気が顕れ始め...。

ミア・ゴス、ジェナ・オルテガという若い注目の俳優が多く出ているのが非常に注目です。批評からも温かく迎えられており、オスカーは難しいものの、今年を代表する一作にはなりそうです。

The Zone of Interest

監督:ジョナサン・グレイザー(代表作『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』)

出演:不明

『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』のジョナサン・グレイザーの最新作です。

出演者なども不明で未だ謎が多い作品ですので、今年公開かは怪しいところですが、注目したい一本です。

 

まとめ

第95回アカデミー賞、候補になるであろう作品も、そうでない作品も、2022年はいろんな映画にまた出会えそうです。

さてみなさんきになる映画はありましたか?

それではまた次回!

第95回アカデミー賞 期待作Part2!

早すぎる次のアカデミー賞での有力作品紹介 Part2

皆さんこんにちは!

今回は前回に続き、第95回アカデミー賞で活躍しそうな期待の映画を紹介します。

2022年も様々な期待作が待機しており、ワクワクが今から止まりません...笑。

Empire of Light

監督:サム・メンデス(代表作『アメリカン・ビューティー』『ロード・トゥ・パーディション』『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』『1917 命をかけた伝令』)

出演:マイケル・ウォード、オリヴィア・コールマンコリン・ファース

この作品は、1980年代、イギリスと沿岸の映画館を舞台に繰り広げられるラブ・ストーリーです。メガホンは『アメリカン・ビューティー』で強烈な長編映画デビューをしたサム・メンデスです。

役者が非常に豪華で、『ブルー・ストーリー』のマイケル・ウォードという今期待の新人さんから、オリヴィア・コールマンコリン・ファースなどオスカー常連の俳優さんまで、演技派が集結しています。

Everything Everywhere All at Once

監督:ダニエル・クワンダニエル・シャイナート(代表作『スイス・アーミー・マン』)

出演:ミシェール・ヨー、ジョナサン・キー、ステファニー・スー、ジェイミー・リー・カーティス

今色々と話題のマルチバースが一つのテーマの作品で、主人公がマルチバースの存在に気づき、それぞれの世界の自分の能力を使って悪に立ち向かうというとんでもなく面白そうな内容の作品です。

主演はミシェール・ヨーで、彼女らしいキレキレのアクションを披露しながら、ドラマパートの演技も見事との評価を得ています。『インディー・ジョーンズ 魔宮の伝説』『グーニーズ』で子役として大活躍したジョナサン・キーも出演しており話題となっています。

The Fabelmans

監督:スティーヴン・スピルバーグ(代表作『ジョーズ 』『未知との遭遇』『E.T.』『カラー・パープル』『ジュラシック・パーク』『シンドラーのリスト』『プライベート・ライアン』『ミュンヘン』『リンカーン』『ウエスト・サイド・ストーリー』)

出演:ミシェル・ウィリアムズポール・ダノセス・ローゲン

大巨匠スティーヴン・スピルバーグの幼少期の思い出をもとにしていると言われる作品で、戦後のアリゾナで育った監督の記憶を映像化したものという情報があるようです。

母親役にミシェル・ウィリアムズ、父親役にポール・ダノ、おじさん役にセス・ローゲンと、いずれも幅広い役柄を得意とする役者さんが揃っており、非常に楽しみな一本です。

Final Cut『キャメラを止めるな!』

監督:ミシェル・アザナヴィシウス(代表作『アーティスト』)

出演:ロマン・デュリスベレニス・ベジョ、グレゴリー・ガドゥボア

原題は"Coupez !"。カンヌ国際映画祭で上映予定の本作は、あの日本で大ヒットした『カメラを止めるな!』のフランス版リメイク作品!

メガホンをとるのは、オスカー作品賞を受賞した『アーティスト』の監督、ミシェル・アザナヴィシウス。『アーティスト』でタッグを組んだベレニス・ベジョをはじめ、ロマン・デュリスなどフランスや世界で活躍する俳優さんを集めた一作となっています。

Going Electric

監督:ジェームズ・マンゴールド(代表作『コップランド』『17歳のカルテ』『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』『ナイト&デイ』『LOGAN/ローガン』『フォードvsフェラーリ』)

出演:ティモシー・シャラメ

イライジャ・ウォルドの原作をもとにした作品で、ボブ・ディランについての物語になるよう。監督のジェームズ・マンゴールドは『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』でも歌手をテーマにしていましたよね。

主演はティモシー・シャラメ。本作も多くの作品同様新型コロナウイルスの影響で撮影が中止・延期になっているため、公開は今年なのか来年なのかまだ不明です。

The Good Nurse

監督:トビアス・リンホルム(代表作『ある戦争』)

出演:エディ・レッドメインジェシカ・チャステイン

多くの患者を手にかけた連続殺人犯である看護師を描いた犯罪・スリラー映画です。監督は『偽りなき者』『アナザーラウンド』の共同脚本も担当し、『ある戦争』では監督も務めたトビアス・リンホルムです。

出演はエディ・レッドメインジェシカ・チャステイン。どちらもオスカー俳優ということで、演技面でも非常に楽しみです。

The Greatest Beer Run Ever

監督:ピーター・ファレリー(代表作『グリーンブック』『メリーに首ったけ』)

出演:ザック・エフロンラッセル・クロウ

この作品は主人公が、ベトナム戦争の兵士らにビールと笑いを届けようと奮闘する、戦争ドラマとなるようです。

監督は『グリーンブック』が作品賞を受賞したピーター・ファレリーで、主演はザック・エフロンが務めます。ラッセル・クロウ助演男優賞候補ももしかしたらあるかもしれません。

Guillermo del Toro’s Pinocchio『ギレルモ・デル・トロピノッキオ』

監督:ギレルモ・デル・トロ(代表作『パンズ・ラビリンス』『シェイプ・オブ・ウォーター』『ナイトメア・アリー』)

声優:グレゴリー・マンユアン・マクレガー、デビッド・ブラッドリー、ティルダ・スウィントンクリストフ・ヴァルツケイト・ブランシェットロン・パールマン

ギレルモ・デル・トロの最新作はあの有名なピノキオの物語。ストップモーションアニメとなる予定で、監督曰く、誰もが知る物語とは一味違う様子。

声優も非常に豪華で、ユアン・マクレガーティルダ・スウィントンクリストフ・ヴァルツなどが参戦。非常に楽しみな一本です。Netflixで配信予定です。

I Wanna Dance with Somebody

監督:ケイシー・レモンズ(代表作『ハリエット』)

出演:ナオミ・アッキー、アシュトン・サンダース、スタンリー・トゥッチ

この作品は、ホイットニー・ヒューストンの伝記映画で、メガホンをとるのは『ハリエット』のケイシー・レモンズです。

主演を務めるのは『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のナオミ・アッキー。彼女の主演女優賞候補を望む声が非常に高まっています。

The Killer

監督:デヴィッド・フィンチャー(代表作『セブン』 『ファイト・クラブ』 『ゾディアック』 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 『ソーシャル・ネットワーク』 『ドラゴン・タトゥーの女』 『ゴーン・ガール』『Mank マンク』)

出演:マイケル・ファスベンダーティルダ・スウィントン

アレクシス・ノランの小説を原作としたスリラー映画です。Netflixで配信予定で、冷酷なころし屋が主人公となる物語だそうです。

監督は鬼才デヴィッド・フィンチャー、主演はマイケル・ファスベンダーです。ジャンル色が強くオスカーでは不利と思われますが、一体どんな作品なのか非常に気になります。

Killers of the Flower Moon

監督:マーティン・スコセッシ(代表作『タクシードライバー』『レイジング・ブル』『グッドフェローズ』『ギャング・オブ・ニューヨーク』『ディパーテッド』『ヒューゴの不思議な発明』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『アイリッシュマン』)

出演:レオナルド・ディカプリオジェシー・プレモンス、リリー・グラッドストーンロバート・デ・ニーロ

1920年代、先住民と関係した者が謎の死を遂げる殺人事件の捜査の中、人種問題などが浮き彫りになっていくという作品で、ジェシー・プレモンス、レオナルド・ディカプリオが出演予定です。

監督はあのマーティン・スコセッシ。説明不要の巨匠が放つ作品に期待が高まります。助演女優賞では、リリー・グラッドストーンの初候補も期待されています。受賞もあるとの声も...。

Knives Out 2

監督:ライアン・ジョンソン(代表作『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』『LOOPER/ルーパー』)

出演:ダニエル・クレイグ

高評価を得たオリジナル推理映画『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』の続編で、前作に続きライアン・ジョンソンがメガホンをとります。

詳細は不明ですが、傑作の続編ということで、非常に楽しみです。

Lightyear『バズ・ライトイヤー

監督:アンガス・マクレー

声優:クリス・エヴァンス、キキ・パーマー

ついに!あのピクサーの原点でも言える『トイ・ストーリー』のバズ・ライトイヤーが主人公のSF映画。傑作を生み出し続けるピクサーということで期待が高まります。

声はクリス・エヴァンスが担当。有名すぎるバズを主人公に改めて物語を紡ぐとは、なんとも挑戦的な姿勢で、ピクサーらしいと言えるでしょう。本当に楽しみです!

The Lost King

監督:スティーヴン・フリアーズ(代表作『マイ・ビューティフル・ランドレット』『危険な関係』『グリフターズ 詐欺師たち』『ハイロー・カントリー』『クィーン』『あなたを抱きしめる日まで』『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』)

出演:サリー・ホーキンススティーヴ・クーガン

リチャード三世が関係すると思われる物語で、コメディドラマになるようです。監督はこの人に任せておけば安心!とも言えるスティーヴン・フリアーズ

主演は『シェイプ・オブ・ウォーター』のサリー・ホーキンス。またスティーヴ・クーガンも出演予定です。

Maestro

監督:ブラッドリー・クーパー(代表作『アリー スター誕生』)

出演:ブラッドリー・クーパーキャリー・マリガン、ジェレミー・ストロング

こちらは今年公開かは微妙なところですが、念のため。『アリー スター誕生』で監督としても高い評価を得たブラッドリー・クーパーの最新作です。

キャリー・マリガンやジェレミー・ストロングなど実力派が出演しており、プロデューサーとしてスコセッシやスピルバーグなども参加しているそうです。

A Man Called Otto

監督:マーク・フォースター(代表作『チョコレート』『ネバーランド』)

出演:トム・ハンクス

外国語映画賞にノミネートされたスウェーデン映画『幸せなひとりぼっち』のリメイクです。偏屈な男とその周りの人々が紡ぐ感動のコメディドラマであるオリジナルをどうリメイクするのか注目されています。

主演はトム・ハンクス、そして監督は『ネバーランド』などのマーク・フォースター。オリジナルと比べられるのはリメイクあるあるですが、一体どのような評価を得るのか注目されています。

Men

監督:アレックス・ガーランド(代表作『エクス・マキナ』『アナイアレイション -全滅領域-』)

出演:ジェシー・バックリー、ロリー・キニア

A24が送るホラー映画で、主人公がイギリスの田舎町での休暇で体験する恐怖を描いたものだそうです。

監督は『エクス・マキナ』で一気に注目されたアレックス・ガーランド。主演は今注目されているジェシー・バックリーです。ゾクゾク感が伝わる予告編をみてから、非常に待ちきれないなと思っている一本です。

Mission: Impossible - Dead Reckoning Part One

監督:クリストファー・マッカリー(代表作『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』『ミッション:インポッシブル フォールアウト』)

出演:トム・クルーズ

ミッション:インポッシブルシリーズの第7作目です。常に自らアクションするトム・クルーズだからこその躍動感を毎回感じるシリーズで、トップガン新作と並び今年を代表するアクションドラマになるでしょう。

監督は前々作・前作も担当したクリストファー・マッカリーです。

Next Goal Wins

監督:タイカ・ワイティティ(代表作『ジョジョ・ラビット』『マイティ・ソー バトルロイヤル』)

出演:マイケル・ファスベンダー、エリザベス・モス、Kaimana

ドキュメンタリー映画ネクスト・ゴール! 世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦』をもとにしたスポーツコメディ映画です。

マイケル・ファスベンダーとエリザベス・モスが出演し、『ジョジョ・ラビット』のタイカ・ワイティティがメガホンを取ります。おそらく独特なユーモアが飛び交う作品となるでしょう。楽しみです。 

Nope『NOPE/ノープ』

監督:ジョーダン・ピール(代表作『ゲット・アウト』『アス』)

出演:ダニエル・カルーヤ、キキ・パーマー、スティーヴン・ユァン

ジョーダン・ピールの最新ホラー映画で、とある牧場を舞台に、空に浮かんだ未知の雲に、突如人々が吸い上げられいくという恐怖を描いた作品だそう。

社会派とエンタメを毎度見事に融合するジョーダン・ピールだからこそ非常に楽しみな一本です。ダニエル・カルーヤ、キキ・パーマー、スティーヴン・ユァンが出演しています。

The Northman

監督:ロバート・エガース(代表作『ウィッチ』『ライトハウス』)

出演:アレクサンダー・スカルスガルドニコール・キッドマン、クレス・バング、アニャ・テイラー=ジョイ、イーサン・ホークビョークウィレム・デフォー

舞台は10世紀のアイスランドヴァイキングの王子が、叔父に倒された父親の仇と王座奪還を目指す姿を描いた歴史映画です。主人公はあの『ハムレット』のモデルとなっているアムレートで、アレクサンダー・スカルスガルドが演じています。

監督はロバート・エガース、アレクサンダー・スカルスガルドの他、ニコール・キッドマン、アニャ・テイラー=ジョイなどが出演しています。

Poor Things

監督:ヨルゴス・ランティモス(代表作『女王陛下のお気に入り』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』『ロブスター』『籠の中の乙女』)

出演:エマ・ストーンウィレム・デフォーマーク・ラファロ

女王陛下のお気に入り』でオスカーでも注目されたヨルゴス・ランティモスの最新作です。夫から虐待を受ける主人公が、父親の助けによって、脳みそを胎児の脳みそに取り替えるといった、なんともヨルゴス・ランティモスらしい不思議な内容となっています。

エマ・ストーンウィレム・デフォーマーク・ラファロという実力派が多数出演しており、とても待ちきれない一作となっています。

Prince of Cats

監督:スパイク・リー(代表作『ドゥ・ザ・ライト・シング』『マルコムX』『ブラック・クランズマン』)

出演:ラキース・スタンフィールド

こちらも今年公開か不明な一本。『ロミオとジュリエット』を元に改編した同名の原作を元にした作品で、『ドゥ・ザ・ライト・シング』『マルコムX』『ブラック・クランズマン』のスパイク・リーがメガホンを取ります。

出演は『ユダ&ブラック・メシア』で初候補にあがった、今大注目の俳優、ラキース・スタンフィールドです。

Red, White and Water

監督:ライラ・ノイゲバウアー

出演:ジェニファー・ローレンス、ブライアン・タイリー・ヘンリー

あのA24が世に送り出す作品で、PTSDに悩まされる主人公を描いた話だそうです。監督は舞台演出家でもあるライラ・ノイゲバウアーが務めます。

ジェニファー・ローレンス、ブライアン・タイリー・ヘンリーが出演する予定で、俳優陣も非常に豪華なため、演技を堪能する映画でもありそうですね。

 

まとめ

Part2、いかがだったでしょうか。

オスカーに絡みそうなものから、単純に楽しみなものまで、2022年もたくさんの映画に出会えそうで、今からワクワクが止まりませんよね。

Part3もあるので、お楽しみに!

それではまた次回!

第95回アカデミー賞 期待作Part1!

f:id:Ta8747353824:20220418114742j:plain

早すぎる次のアカデミー賞での有力作品紹介 Part1

皆さんこんにちは!

早速ですが、今回は次の第95回アカデミー賞で活躍しそうな期待の映画を紹介します。

今年全米公開か不明な作品も一部ありますが、ご了承ください。

After Yang

監督:コゴナダ(代表作『コロンバス』)

出演:コリン・ファレル、ジョディ・ターナー=スミス、ジャスティン・H・ミン

ロボットにベビーシッターを任せている世界で、主人公も娘のベビーシッターをロボットのヤンにお願いしていたが、ある日ヤンが突然稼働停止。人間とは、機械とは、そんなことを考えさせられる傑作SFだそうです。

アメリカでは2021年の映画祭などで上映され絶賛評を獲得したA24の期待作。アメリカで2022年の3月公開ということで若干不利ですが、どこまで勢いを伸ばせるでしょうか。

Aftersun

監督:シャーロット・ウェルズ

出演:ポール・メスカル

シャーロット・ウェルズの長編デビュー作です。90年代後半を舞台に、父親と11歳の娘のトルコでのヴァケーション、そして大人になった娘が父との関係に悩むといったことが描かれるようです。

A24が配給権を獲得しており、カンヌ国際映画祭でも上映予定です。とても素晴らしい作品との噂もあり、非常に楽しみです。

All Quiet on the Western Front

監督:エドワード・バーガー

出演:ダニエル・ブリュール、アルブレヒト・シュッフ

第一次世界大戦を舞台に、戦争の苦しみや恐ろしさをドイツ軍側から描いた作品で、エーリヒ・マリア・レマルクの小説を原作としています。主演を務めるのは『ラッシュ プライドと友情』で話題を呼んだダニエル・ブリュールです。

Netflixで公開予定の本作。同じ原作から生まれた同題名の1930年の傑作『西部戦線異状なし』は第3回アカデミー賞で作品賞を受賞。これに続くことはできるのでしょうか。

Allelujah

監督:リチャード・エアー(代表作『アイリス』『あるスキャンダルの覚え書き』)

出演:ジェニファー・ソーンダース、ジュディ・デンチ

『アイリス』『あるスキャンダルの覚え書き』などで知られるリチャード・エア監督の最新作です。まだ詳しいことはわかっていませんが、2022年のイギリス映画を代表する一本になるかもしれない作品です。

リチャード・エアー監督作品の常連であるジュディ・デンチも出演する予定で、演技賞などももしかしたら射止められるかもしれません。英国アカデミー賞で勢いを出せるのか注目です。

Amsterdam(追記:タイトルが変わったため修正しました)

監督:デヴィッド・O・ラッセル(代表作『ザ・ファイター』『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・ハッスル』)

出演:クリスチャン・ベールマーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ラミ・マレック、アニャ・テイラー=ジョイ

俳優を最大限魅力的に魅せることのできるデヴィッド・O・ラッセル監督の新作です。医師と弁護士が織りなす物語ということで、詳細は不明ですが賞レースを盛り上げる可能性を秘めている一本です。

クリスチャン・ベールマーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントン、ラミ・マレックマイケル・シャノン、アニャ・テイラー=ジョイ、テイラー・スウィフトなどが出演予定とされており、非常に豪華。楽しみです。

Apollo 10½: A Space Age Childhood『アポロ10号 1/2:宇宙時代のアドベンチャー

監督:リチャード・リンクレイター(代表作『スクール・オブ・ロック』『6才のボクが、大人になるまで。』『エブリバディ・ウォンツサム‼︎ 世界はボクらの手の中に』『ビフォア』シリーズ)

出演(声):ザッカリー・リーヴァイ、グレン・パウエル

60~70年代のヒューストンで生活をしていた主人公の少年。宇宙に、月旅行に憧れた少年時代の思い出がぎゅっと詰まった傑作アニメーション映画です。

すでにNetflixで観れる作品ですので、ぜひ観て欲しいのですが、仮にその時代を知らなくてもなぜか懐かしい気分になる不思議な魔法を持った作品です。映画好きにはたまらない描写もたくさん。アニメーション賞などで注目される可能性があるかもしれません。

Armageddon Time

監督:ジェームズ・グレイ(代表作『リトル・オデッサ』『エヴァの告白』『アド・アストラ』)

出演:アン・ハサウェイアンソニー・ホプキンス、ジェレミー・ストロング

ジェームズ・グレイ監督の学生時代を振り返る作品で、クイーンズの私立学校を舞台にしているそうです。いわゆる監督の半自伝的映画であり、当時の時代背景を交えながら友情などをテーマに紡がれる作品になるのではと噂されています。

主人公の家族を演じるのはアン・ハサウェイアンソニー・ホプキンス、ジェレミー・ストロングなど非常に豪華。オスカー好みではないと言われる監督の作風ですが、今回はいかに。

Asteroid City

監督:ウェス・アンダーソン(代表作『ムーンライズ・キングダム』『グランド・ブダペスト・ホテル』『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』)

出演:スカーレット・ヨハンソンマーゴット・ロビートム・ハンクスティルダ・スウィントンビル・マーレイ

映画ファンでなくとも知っている人が多いであろうファンの多いウェス・アンダーソンの新作で、あまり情報は出ていませんが「ロマンス・ストーリー」になる可能性が高いようです。

また、今回もいつも以上に豪華キャストが集結している様子。ウェス・アンダーソンは多くの人を惹きつける映像感覚を持つ監督なので、そこも注目したいなと思います。前作『フレンチ・ディスパッチ』はオスカーではシャットアウト。今回こそは...?

Avatar 2

監督:ジェームズ・キャメロン(代表作『ターミネーター』『エイリアン2』『タイタニック』『アバター』)

出演:サム・ワーシントンゾーイ・サルダナ

全世界で記録を作った『アバター』は、なんと5部作。今回はその2作目にあたります。出演陣もサム・ワーシントンゾーイ・サルダナが続投の予定です。

常にビジュアルで人を圧倒するのがジェームズ・キャメロンで技術賞ではかなり強いかもしれません。注目は主要部門に絡むのかどうか。『アバター』は作品賞などにノミネートされていましたが、本作はどうなるのか注目です。

Babylon

監督:デイミアン・チャゼル(代表作『セッション』『ラ・ラ・ランド』『ファースト・マン』)

出演:ディエゴ・カルバ、マーゴット・ロビーブラッド・ピット

デイミアン・チャゼルの監督の新作『Babylon』は、トーキー映画が登場する1920年代のハリウッドを舞台にした歴史劇だそうで、フィクションとノンフィクションが混じり合った一作なるとのことです。

ブラッド・ピットマーゴット・ロビーら豪華スターが出演。テスト試写では特にマーゴット・ロビーの前評判が高く、期待が非常に高まります。

The Banshees of Inisherin

監督:マーティン・マクドナー(代表作『スリー・ビルボード』『セブン・サイコパス』)

出演:コリン・ファレルブレンダン・グリーソン

この作品はアイルランド映画で、2人の友人の対立を描いた作品だそうです。あまり前情報がないですが、『スリー・ビルボード』の監督作ということで期待が高まります。

出演陣も豪華で、コリン・ファレルが主演を務めると報道されています。賞レース向きの題材なのかは不明ですが、どちらにしろ楽しみです。

Bardo (or False Chronicle of a Handful of Truths)

監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(代表作『レヴェナント:蘇えりし者』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『バベル』『21グラム』『アモーレス・ペロス』)

主演:ダニエル・ヒメネス・カチョ、グリゼルダ・シシリアニ

主人公であるメキシコ人ジャーナリストが、故郷で自分自身のあり方・過去、家族、そして故郷を見つめる作品とのことです。

『レヴェナント 蘇えりし者』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の作品の多くは演技賞に絡むことも多く、ダニエル・ヒメネス・カチョ、グリゼルダ・シシリアニらの演技も注目と言えます。

The Batman『THE BATMAN -ザ・バットマン-』

監督:マット・リーヴス(代表作『クローバーフィールド/HAKAISHA』『モールス』『猿の惑星』シリーズ)

出演:ロバート・パティンソンゾーイ・クラヴィッツ、、ポール・ダノジェフリー・ライトアンディ・サーキス

DCコミックの中でも有名なバットマン。そんな彼が、ゴッサム・シティバットマンとして活動を始めた頃のお話。リドラーという殺人犯を捉えるべく、警察やキャットウーマン接触しながらゴッサム・シティへの闇へ近づいていく...というお話です。

すでに日本でも公開されており、大ヒット。オスカーの観点では技術部門で何かノミネートされるかもしれません。グリーグ・フレイザーの撮影賞候補も可能性ありです。マット・リーヴス、これからも期待の監督です。

Black Panther: Wakanda Forever

f:id:Ta8747353824:20220417190454j:plain

監督:ライアン・クーグラー(代表作『ブラックパンサー』『クリード チャンプを継ぐ男』『フルートベール駅で』)

出演:ルピタ・ニョンゴダナイ・グリラ

傑作『ブラックパンサー』の次の作品はその名も『Wakanda Forever』。チャドウィック・ボーズマンの意思を受け継いだ物語になっていくのしょうか、非常に期待が高まる一本です。

前作『ブラックパンサー』はアカデミー賞で作品賞候補にあがるなど、映画史に残る伝説を生み出した一本。本作もMCU作品としてその伝説に続くことができるのか、というところにもぜひ注目したいです。

Blonde

監督:アンドリュー・ドミニク(代表作『ジェシー・ジェームズの暗殺』『ジャッキー・コーガン』)

出演:アナ・デ・アルマス、エイドリアン・ブロディ

Netflixで配信予定の作品で、50年代~60年代のマリリン・モンローを描く伝記映画となっています。テスト試写ではその独特なタッチに賛否両論との噂があり、一体どんな作品なのかむしろ気になります。

マリリン・モンローを演じるのは今注目のアナ・デ・アルマス。当初受賞確実とも言われた主演女優BUZZは少しづつ落ち着いてしまっていますが、ここから盛り返すことはできるのでしょうか。

Bones & All

監督:ルカ・グァダニーノ(代表作『君の名前で僕を呼んで』『ミラノ、愛に生きる』)

出演:ティモシー・シャラメ、テイラー・ラッセ

この作品はアメリカとイタリアの合作だそうで、大切にされるとその人を食べたくなるという秘密を抱える少女が、流れ者の少年と父親を探す旅に出る、という青春ホラーだそうです。

君の名前で僕を呼んで』で一躍有名になったルカ・グァダニーノ監督とティモシー・シャラメの再タッグということで非常に注目の一本です。『WAVES ウェイブス』で素晴らしい演技を披露したテイラー・ラッセルの演技にも大注目です。

Boy From Heaven

監督:タリク・サレ(代表作『ザ・コントラクター』)

出演:タウフィーク・バルホーム、ファレス・ファレス、マハディ・ザハビ、モハマド・バクリ、マクラム・フーリー

主人公は漁師の息子。彼はある有名大学に入学することになるが、学長の死をきっかけに激しい権力争いに巻き込まれる...という内容の作品だそうです。

カンヌ国際映画祭で公開予定であり、非常に楽しみな一本です。内容がとても惹かれるものなので、期待している作品です。

Broker『ベイビー・ブローカー』

f:id:Ta8747353824:20220417200345j:plain

監督:是枝裕和(代表作『万引き家族』『海街diary』『そして父になる』『誰も知らない』)

出演:ソン・ガンホカン・ドンウォン、イ・ジウン

万引き家族』の是枝監督の新作で、親が育てられない新生児を預ける「ベイビー・ボックス」、そしてその周囲の人々の姿を描き出す映画だそうです。カンヌ国際映画祭で公開予定です。

『真実』ではフランスで映画を撮った是枝監督が、今回は韓国を舞台に選択。ソン・ガンホなど韓国の名俳優らとタッグを組み作品を作ったということで、個人的にもすごく楽しみにしている一本です。

Cha Cha Real Smooth

f:id:Ta8747353824:20220417203212j:plain

監督:クーパー・レイフ

出演:クーパー・レイフ、ダコタ・ジョンソン

サンダンス映画祭で評価された新人クーパー・レイフ監督の作品です。監督自身が出演もしています。人生の目的がない大学卒の主人公が、自閉症の娘を育てる母親と出会い...。

サンダンス映画祭で評価された『コーダ あいのうた』『ミナリ』などに続くことができるのか注目されており、この若いクーパー・レイフの才能の今後も非常に楽しみです。

Close

監督:ルーカス・ドン(代表作『Girl ガール』)

出演:レア・ドリュッケール、ケヴィン・ヤンセンス、エミリー・ドゥケンヌ、イガー・バン・デッセル

13歳の少年レオとレミ。仲良しだった二人が突然の仲違い。一体何があったのか。当の本人レオ自身もわからず、彼はレミの母親を頼るのだが...。

『Girl ガール』で高い評価を受けたルーカス・ドン監督の最新作です。国際長編映画賞のベルギー代表に選ばれる可能性が高く、注目の作品です。

Crimes of the Future

監督:デヴィッド・クローネンバーグ(代表作『ザ・フライ』『裸のランチ』『ヒストリー・オブ・バイオレンス』『イースタン・プロミス』)

出演:ヴィゴ・モーテンセン、レア・セドゥ、クリステン・スチュワート

ヴィゴ・モーテンセンが演じるのは、レア・セドゥ演じるパートナーとあまりにも独特で恐ろしいパフォーマンスをするアーティスト。予告編からも刺激的な映像の数々に本編が気になってしまいます。

カンヌ国際映画祭での公開が決定となっており、多くの映画ファンが首を長くして待っていた新作。ヴィゴ・モーテンセン、レア・セドゥ、クリステン・スチュワートという豪華キャストも注目ポイントです。

Decision to Leave

f:id:Ta8747353824:20220418105707j:plain

監督:パク・チャヌク(代表作『お嬢さん』『オールド・ボーイ』『JSA』)

出演:タン・ウェイ、パク・ヘイル

ある殺人事件の容疑者となった未亡人。そんな女性に惹かれてしまう刑事さん。その2人の関係を描いた作品になるそうです。

パク・チャヌクの久しぶりの新作ということで待ちわびていた映画ファンも多いのでは。タン・ウェイ、パク・ヘイルが紡ぐミステリー&ロマンス、非常に楽しみです。

Disappointment Blvd.

監督:アリ・アスター(代表作『ヘレディタリー 継承』『ミッドサマー』)

出演:ホアキン・フェニックス

『ミッドサマー』で映画ファン以外でも話題となったアリ・アスター監督。今回は、史上最も成功した起業家の、数々の出来事を描いたホラー作品になるようです。

そんな作品で主演を務めるのは『ジョーカー』でのオスカー受賞も記憶に新しいホアキン・フェニックス。心温まる役柄から、悪役、うちに狂気を秘めた役柄までなんでもこなす名優の演技にも注目したいです。

Doctor Strange in the Multiverse of Madness『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』

監督:サム・ライミ(代表作『死霊のはらわた』『スパイダーマン』『スペル』)

出演:ベネディクト・カンバーバッチエリザベス・オルセンベネディクト・ウォンレイチェル・マクアダムスキウェテル・イジョフォー

MCUの新作でドクター・ストレンジの続編。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でも鍵を握っていたマルチバースを舞台に繰り広げられる作品で、ドクター・ストレンジ、ワンダ・マキシモフらが大きな危機に立ち向かっていくというストーリーです。

ベネディクト・カンバーバッチベネディクト・ウォンキウェテル・イジョフォーはもちろん、ワンダを演じるエリザベス・オルセン、そして新たにレイチェル・マクアダムスなども出演する超大作です。

Don’t Worry Darling

監督:オリヴィア・ワイルド(代表作『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』)

出演:フローレンス・ピュー、ハリー・スタイルズ

舞台は1950年代で、フローレンス・ピュー演じる主婦が、自分の夫の秘密や恐ろしい真実に翻弄される物語、だそうです。予告からもスリルあふれる作風だということが伝わってきますよね。

今大注目の若手実力派フローレンス・ピューが主演を務め、またハリー・スタイルズなども出演しています。オリヴィア・ワイルドは監督デビュー作から、監督としても才能があることを証明。今後ますます期待が膨らみます。

892

f:id:Ta8747353824:20220418112452j:plain

監督:アビ・ダマリス・コービン

出演:ジョン・ボヤーガ、ニコール・ベハーリー

元軍人の主人公は経済的に苦しい生活をしており、なおかつ妻や娘と別居中。そんな彼がある日爆弾も持って銀行を襲撃。一体何が彼をそうさせたのか、一体どうなっていくのか...という作品だそうです。

サンダンス映画祭で上映された一本で、ジョン・ボヤーガの演技が賞賛されています。緊迫感が半端じゃない作品だそうで、ひっそりと注目を集めています。

Elvis『エルヴィス』

監督:バズ・ラーマン(代表作『ロミオ+ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』『華麗なるギャツビー』)

出演:オースティン・バトラー、トム・ハンクス

この作品はその名の通り、エルヴィス・プレスリーの人生を描いた伝記映画です。『ボヘミアン・ラプソディ』の例を挙げるまでもなくこの手の映画はうまくいくとオスカーでも大変好まれます。

主演を務めるのはオースティン・バトラー。そしてトム・パーカー大佐を演じるのはトム・ハンクス。豪華な顔ぶれで一体どんな作品になるのでしょうか。ワクワクしますね!

 

まとめ

さていかがだったでしょう。

今年もたくさんの期待作が公開されますね。オスカーに関わらずどれも楽しみな作品ばかりです。

紹介したい作品が多すぎるため、残りはPart2、Part3という形式で紹介したいと思います。まだまだ多くの期待作が残っているので、是非楽しみにしていてください。

それではまた次回!